光あるうち光の中を歩め(新潮文庫)

宗教色はあるけれど、私はトルストイのこの本が好きです。

性的な愛、私有欲、名誉心、我々を支配する障害からいかに放たれるか――。
晩年のトルストイが到達した、新しいキリスト教の世界観。
本書新潮文庫版は昭和27年刊行、101刷73万部超えのロングセラー。


光あるうち光の中を歩め(新潮文庫)

コメント

タイトルとURLをコピーしました