隣の芝は青い?

心理的問題

誰でも他人と自分を比べてしまう時は多分にあります。その気持ちをどう変えることができるか、あるいは他人と自分を相対的に比較しない方法はないものでしょうか?私は「相対的な思考」になっている自分に気付くべきだと思います。本当に大切なのは自分の芯となる「絶対的な思考」のはずです。まず、自分が相対的に考えていることに「気付く」ことが大切です。そうでないと、いつまで経っても、本当の自分が正体を現さないからです。本当の自分が見えた時、そこに他人は居ません。居るのは、ありたい姿の自分だけです。後はその姿になれば良いのです。簡単には、他人を無視できないかもしれません。でも、大切な自分を見れるのは自分だけです。誰も見てはくれません。自分を大切にできないと他人も大切にできないのと同様です。

コメント