心や気持ち

私はいつも感謝の心やありがたいという気持ちを忘れないように心がけている。最近では、コロナウィルス感染症(変異株も含む)のために、緊急事態宣言が発せられ、人との交流や、文化にふれる機会がことごとく減っている。家にひきこもっている時間が長いと、気持ちは殺伐とし、感謝の心やありがたいという気持ちを忘れがちである。こんな時だからこそ、当たり前の些細なことに、感謝し、ありがたく思うことが大切だと思う。ワクチンが出回るようになれば、社会の混乱は少しは収まると思うが、この問題は年単位で収束するか、あるいはずっとウィルスと共存していくことになると思う。大変なことだと思う。

また、近年、地球温暖化による気候の変化が著しい。この冬に雪は降っていない。夏には猛暑が続くだろう。その頃には、まめな水分補給をし、熱中症に気をつけないといけない。大雨による、大災害にも注意し、避難場所の確保も必要だと思う。

さらに日本は地震が多いので、大地震には最大の注意が必要だと思う。今朝も地震に起こされた。いつか来るであろうとされる、南海トラフ巨大地震がいつ起こるとも限らない。

他にも、戦争やテロなどの様々な危機がやってくるかもしれない。そんな中でも私は最初に述べた、感謝の心やありがたいという気持ちを忘れないようにしたい。それが、心豊かに生きることにつながるからだ。同じ時代に生きる人同士がこの気持ちを忘れなければ、日本は何とかやっていけると思う。